これまでどおり、健康保険被保険者証で受診を

~ マイナンバーカードでの受診(資格確認)は延期~

2021年3月から、マイナンバーカードによるオンライン資格確認システムが開始されました。自治体から「マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります」と、マイナンバーカード取得を促す手紙が届いています。

マイナンバーカードでの資格確認ができるカードリーダーの設置申請を行っている医療機関はたいへん少なく、マイナンバーカードで受診をしようにも、それを受け入れる医療機関の体制が整っているといえる状況にはありません。

マイナンバーカードでの受診が、患者自身が事前に登録しておく必要があることや顔認証というシステムが用いられるなど、健康保険証に比べややこしくわかりにくい手続きがあることへの説明は十分とは言えません。

重要な個人情報を含んだカードであるため、医療機関の窓口で患者さんをお手伝いするにも、責任が伴うこととなり神経を使います。また導入時の補助はありますが、医療機関のコストを継続して負担するものではなく、感染症対応でたいへんななか、また感染症の影響で患者減が続くなか、医療機関の負担は軽いものではありません。

3月の導入からすぐに情報連結の不具合によって、マイナンバーカード受診はストップしてしまいました。医療、金融資産(納税)など、さまざまな情報との紐づけが想定されていますが、それらの情報が連結されることによって、どのような情報が得やすくなるのか。便利になることと、危険になることを比べてみてもよいかもしれません。

医療機関への受診は、これまでどおり健康保険被保険者証での受診が最善です。マイナンバーカードでの受診は、対応できる医療機関が限られることを知っておきましょう。