75歳以上医療費窓口負担2割化中止

 

2021年6月、国会で75歳以上医療費窓口負担2割化法が可決されました。この法律が実施されると2022年後半から、75歳以上で年収200万円以上の人(約370万人)の医療費窓口負担が2割となります。コロナ禍でただでさえ高齢者の受診控えが進んでいる中、受診抑制を前提にした窓口負担増は高齢者のいのち・健康・人権の侵害です。

 

○待合室キャンペーン特設サイト→「守り育てよう国民皆保険」

○キャンペーン:高齢者のいのち・健康・人権を脅かす「75歳以上医療費窓口負担2割化」を中止してください→ネット署名はこちら