【学習シンポジウム「市民の声が地域医療を守る」】動画を公開しました

2023年3月4日開催

公立・公的医療機関再編ストップ!広島県共同行動連絡会(424共同広島)学習シンポジウム

「市民の声が地域医療を守る」

学習講演「公立、公的病院再編統廃合対策―草の根住民運動による住民自治・民主主義の獲得と『医療を受ける権利の基本法』の制定―」

講師:黒木 秀尚 先生(黒木整形外科リハビリテーションクリニック院長 , 広島県保険医協会理事 , 上下町、三次市甲奴町、神石高原町の住民たちでつくる『地域医療を守る会』顧問)

 

 新型コロナ下で、医療につながることができず亡くなる事例が頻発しています。医療崩壊といえる現状は、 何十年にも渡る医療政策が招いた事態ともいえます。広島県府中市で、 地域の住民とともに病院統廃合に向き合い、 行政訴訟も手掛けた講師は 「医療は政治」 であると語ります。国の描く 「地域医療構想」 では都市部の病院再編統合も計画に含まれ、 県全体の医療体制に影響することも指摘されています。
 全国 424 病院の統廃合リストの公表から、 地域の病院の統廃合問題に取り組んできた 「424 共同広島」 では、 地域にとってなくてはならない 「医療」 のあり方をご一緒に考える機会として学習会を開催しました。