広島県保険医協会は、広島県に開業、勤務する医科・歯科保険医の団体です。保険医の生活と権利を守る協会の活動、頼りになるきめ細かいサポートを紹介しています。ぜひご入会下さい。

入会のすすめページへ入会のすすめページへ

協会の活動ページへ協会の活動ページへ

共済制度ページへ共済制度ページへ

会員専用ページへ会員専用ページへ

Pick Up

診療報酬改定でも頼りになります保険医協会

保団連CM「1分でわかるTPPと医療」

保団連・保険医協会が
国会請願署名の取り組みをスタート

「もう限界です!」ストップ患者負担増

2017年から具体化されようとしている患者負担増計画。
「かかりつけ医」以外の受診に100円から500円上乗せ
70歳以上の患者負担限度額を引き上げ
75歳以上の窓口負担は2倍に
湿布薬、うがい薬、痛み止め、漢方薬は保険から外す
他にも いろいろと計画中
止めるなら今です!「ストップ!患者負担増」の署名にご協力お願いします。署名は「全国保険医団体連合会(保団連)のホームページ」からダウンロードし、自筆でご記入の上、広島県保険医協会へご郵送ください(FAX・メール不可)。

hkk_0129.jpg

広島市こども医療費補助制度2017年1月改定
対象年齢拡大と同時に負担倍増世帯が!

負担増見直しを求めて請願署名に取り組みます

2017年1月より、広島市のこども医療費補助制度が施行されました。他市町村に遅れる対象年齢の拡大を急いだ市は、一部世帯の窓口負担倍増という他に類をみない自己負担を維持したまま強行スタート。窓口負担額が倍増する世帯が広範に及ぶこともあり受診抑制が拡大する恐れが強いこと、子育て世帯はもちろん、医療機関にも不公平を押し付ける制度は早期に見直しをと、請願署名の取り組みを開始しました。地方議会は住民との距離も近く、住民の視点に立つ議員の方々へ、署名という形で要求を伝えることは有効な手段のひとつです。ご協力をよろしくお願いいたします。
※署名はプリントアウトして自書し郵送などで広島県保険医協会までお届けください。第一次集約は3月末日としています。

haiku.jpg

たくさんのご応募、ありがとうございました

いい歯で川柳キャンペーン 受賞句決定!

「より良く食べるはより良く生きる」をキャッチフレーズに、”保険でより良い医療の実現へ”向けた啓発活動の一環として展開した『いい歯で川柳キャンペーン』には、285の川柳(70通)が寄せられました。全日本川柳協会で常任理事を務める川端一歩さんにより、最優秀賞と優秀賞、スマイル賞が選定されました。ご応募いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。今後とも、保険医協会の活動へのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。なお、受賞された作品をお寄せいただいた皆様には、準備が整い次第、賞品のクオカードを発送いたします。

冊子イメージ

広島保険医新聞寄稿集

原発よりも命の海を(通算4号)

2010年4月からの広島保険医新聞連載を寄稿集としてまとめ発刊しました。山口県上関町の原子力発電所建設計画について、住民の健康に及ぼす影響と環境問題の両側面から考察。3.11東日本大震災を経験するなかで、住民の健康に及ぼす影響は深刻度を増し、原発労働者や地域経済の問題も指摘されてきています。予定地対岸の祝島では、30年以上に渡り島民の反対運動が続いています。被災地の復興と被災者の支援、原発関連施設の建設予定地域が抱える問題にも目を向けていくために、冊子普及にご協力ください。

contents_border_ft60.png

所在地・アクセス

広島県保険医協会

〒732-0825
広島市南区金屋町2番15号
広島駅前通マークビル4F

電話:082-262-5424
FAX:082-262-5427

広島駅南口より徒歩10分
広島電鉄(紙屋町方面行き)稲荷町電停下車徒歩1分

contents_border_ft60.png

お問い合わせ先:広島県保険医協会

LinkIcon個人情報保護基本方針

TEL 082-262-5424
メールでお問い合わせメールでお問い合わせ